データ消去の最近のブログ記事

安心コースとは?

こんにちは!データ消去サービスのカネナカです。

最近お問い合わせに「安心コースの意味は?」といった内容のものがございました。

記憶メディアの中で、磁気消去・破砕消去・物理的消去のうち、2種可能なものに対し、より「安心」をお求めになるお客様のご要望に応じ、2種類のデータ消去を施すサービスです。

(もちろん、、磁気消去・破砕消去・物理的消去のいずれか1つでも、データは完全消去されます。)

廃棄まで一貫して承れますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

カネナカのデータ消去サービスは、HDD・磁気テープ等 記憶メディア全般に対応しております!

HDDのデータ消去方法について③

こんにちわ!データ消去サービスのカネナカです。

いよいよ師走ですね。今日のような小春日和の日ですと、12月であることをつい、忘れてしまいそうですが、ここは気を引き締めて、(居眠りなどせず)頑張っていきたいものです。

 

さて、本日はデータ消去安全性についてのご紹介第3段です。

前々回データ消去方法にはまず大きく3つございますとご紹介いたしました。

1.データ消去ソフトウエアを使用して消す。(上書き)→当社では取扱無。

2.特殊装置で(当社の場合強磁気)強磁気をかけて消す。

3.物理的に破壊する。(当社の場合、物理的破壊・穴あけ処置)

 

今回は3.物理的に破壊する。 について、詳しくお伝えします!

前回のこのページでもご紹介したとおり、HDDの記録方式が水平から垂直記録方式に技術革新されてきており、以前からある強磁気消去装置では、対応しきれないという問題が出てきました。

弊社の場合、8月に新機種を導入し、垂直記録方式のHDDへの強磁気消去の対応は可能になっていますが、リース物件で外見上、現状維持で返却が必要な場合等以外、廃棄前提でのデータ消去でしたら、「消える・消えない」ではなく、「読み取り不可能な状態に破壊してしまう」ことが最も安心であると思われます。

弊社では、より安全性を求めるお客様のニーズにお応えすべく、安心コース【強磁気消去+物理的破壊】もご用意しております。

廃棄まで一貫してご依頼可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

 

カネナカのデータ消去サービスは、HDD・磁気テープ等 記憶メディア全般に対応しております!

HDDのデータ消去方法について②

こんにちわ!データ消去サービスのカネナカです。

すっかり秋を通り越して冬が...とコートを出したと思いきや昨日のような小春日和に。

いったい日本の四季はどうなってしまったのでしょうか。

 

さて、本日はデータ消去安全性についてのご紹介第2段です。

前回データ消去方法にはまず大きく3つございますとご紹介いたしました。

1.データ消去ソフトウエアを使用して消す。(上書き)→当社では取扱無。

2.特殊装置で(当社の場合強磁気)強磁気をかけて消す。

3.物理的に破壊する。(当社の場合、物理的破壊・穴あけ処置)

 

今回は1.データ消去ソフトウエアを使用して消す。 について、詳しくお伝えします!

中古PCのデータ残存率は国内外合わせて14~34%あるとの英国大学の調査結果がございます。消去専用ソフトを使用した場合(上書き)、セキュリティレベルで各種ソフトがあるようですが、基本3回以上の上書きが必要で、空き領域消去未対応ソフトにはさらに注意を要します。(空き領域にデータが残る場合がある)

処理時間は数十分から数十時間(ハードディスクの容量・回数で変化)。

OSで認識できない不要セクター(データ残存)があり注意が必要で、一般・セミプロレベルでは難しいとされるものの、データの復元ができる可能性があるようです。

リース物件などは外見上そのままでの返却を余儀なくされるため、ソフトによる消去(上書き)か強磁気消去が選択肢として上がります。

HDDの記録方式によっては、これまでの強磁気消去装置では対応しきれないことがあります。

当社では、垂直記録方式・水平記録方式(従来型)いずれにも対応可能ですので、ご相談頂ければと思います。

 

では次回は「2.特殊装置で(当社の場合強磁気)強磁気をかけて消す」についてです。

 

カネナカのデータ消去サービスは、HDD・磁気テープ等 記憶メディア全般に対応しております!

HDDのデータ消去方法について①

こんにちわ!データ消去サービスのカネナカです。

先日の台風20号、皆様大丈夫でしたか?

秋口に入り、二百十日あたりは台風が発生しやすいようですが、暦では霜降を過ぎ、台風という時期ではないはずなのですが...

さて、本日はデータ消去安全性についてのご紹介です。

データ消去方法にはまず大きく3つございます。

1.データ消去ソフトウエアを使用して消す。(上書き)→当社では取扱無。

2.特殊装置で(当社の場合強磁気)強磁気をかけて消す。

3.物理的に破壊する。(当社の場合、物理的破壊・穴あけ処置)

それぞれメリット・デメリットがあり、現在お客様のニーズにあわせ、ご提供申し上げておりますが、

ではどれがどうなのということになります。

次回は1.データ消去ソフトウエアを使用して消す。 について、詳しくお伝えします!

 

カネナカのデータ消去サービスは、HDD・磁気テープ等 記憶メディア全般に対応しております!

HDDのデータ消去方法について

こんにちわ。データ消去のカネナカです。

最新の強磁気消去装置導入に伴い、現在HPの一部リニューアルを検討中です。

昨日HP制作会社の担当の方に来社していただきました。

毎月データの解析や、HPの更新方法のアドバイスなど、細かなフォローを頂き助かっています。

今回も、HDDのデータ消去方法のアピールだけでなく、HDDの記録方式の違いあることなどをお客様に提示するページを設けては...etc.アイデアを頂きました。

随時HP上に情報提供していきたいと思います!

ではまた。

カネナカのデータ消去サービスは、HDD・磁気テープ等 記憶メディア全般に対応しております!

垂直記録方式への対応が可能になりました。

日中はまだ夏を思わせる日があるものの、朝晩はすっかり涼しく過ごせるようになりました。
空気が澄み、日中、空に浮かぶ雲が高くなり、秋を思わせる今日この頃です。

この時期、月が1年で一番輝いてみえるそうです。
旧暦8月の十五夜のお月見は是非日ごろの忙しさを一時忘れ、夜空を見上げたいものですね。
ちなみに今年の十五夜は10月3日(満月は翌4日)です。

さて、この度弊社では「ADC MagWiper」導入に伴い、垂直記録方式のHDD強磁気消去が可能となりました。最近製造されたHDDのリース物件で、物理的破壊が不可能だったものでもご期待に添うことができるようになりました。

これからも多くのお客様のニーズにお応えできるよう、頑張って行きたいと思います。


 

データ消去後の廃棄の取り扱いについて

夏の日差しを思わせる天気が続いていましたが、いよいよ日本列島、ちらほらと梅雨入りの声が聞こえて参りました。健康管理に気をつけ、少しでも不快指数を下げて過ごしたいものですね。

さて標題の件ですが、当社は産業廃棄物収集運搬処理の許可を持っております。

データ消去サービスをご依頼いただいた場合、そのまま廃棄まで受け賜ることが可能です。

社内規定上、マニフェスト伝票がご必要の場合、排出場所が当社が許可を有する個所からですと、ご希望に沿うことができます。

別途ご契約等必要になりますが、その旨お声をかけて頂ければと思います。

データ消去サービスが不要で、廃棄のみのご依頼も大丈夫です。

多様なサービスのご提供を心掛けております。

お気軽にご相談ください!

出張サービスについて

ゴールデンウィーク、8連休といった方も多かったのではないでしょうか。

不景気風が吹く最中、高速道路の2年限定1000円サービス導入もあり、いろいろな意味でこれまでと違うゴールデンウィークだったのではないでしょうか。

最近、23区内以外のお客様からのお問い合わせをいただきます。

当社がHP上に表示している取扱一覧の料金は、東京23区内を想定しております。

「目の前で消去作業を見届けたいので、持ち込みたいけれど、ものの量が多いため取りに来てほしい」というご要望の場合、出張サービス+廃棄 をお勧めしております。

引取費用も出張費用もHP上の料金に加算された(距離により)料金になりますが、いずれもケースバイケースで対応させていただいておりますので、お問い合わせいただければと思います。

 

データ消去サービス カネナカのホームぺージを公開いたしました!


データ消去に関することは全てカネナカへお任せください。

ハードディスク、CD、DVD、携帯電話等様々なメディアのデータ消去に対応、全国どこでもご利用可能です!
お気軽にお問い合わせください。